わが生命の真のあり方

☆ 先祖の系図のダウンロード(解凍するとpdfファイルになります。印刷すれば、先祖名を記入できます。)

神や仏を第一義とする宗教の罪悪が、人間の世界を混乱し、やがて破壊する。

生命の真のあり方の図
 私達夫婦の1代前には4人の祖親がいて、2代前には8人ですが、これを20代前にさかのぼると、実に200万人以上になり、さらに32代前になると、約86億人となり、一躍世界の人口をこえます。
しかし逆算すると、元の自分たち夫婦ないし自分一人となります。

 これは、自分という生命は父母、祖先を通して神(宇宙の生命の総合体)と一体であり、すべての生命とつながっているということを示しています。
 つまり、彼を傷つけることは、自分を傷つけることであり、彼を大事にすることは、自分を大事にするのと同じこと…彼我一体であることがわかります。

 そしてまた、こういうことも考えられます。人間が生まれ変わるということを前提にした話ですが、私(倉田 修一)の過去世は、中国の南方系の生まれだ、と恩師に言われたことがあります。

 そうすると、普通に考えると、中国に私の子孫が生きているということになります。同じようにあなたの前世がアメリカ人やイラク人だったとしたら、そういう国々で、普通は結婚生活をして子孫を残してきているわけですから、あなたの子孫がそれらの国々で現在生きていることになります。

 また人間が来世も人間に生まれ変わるとは限りません(釈尊は人身の得難きを説いています)。人間が犬や猫やその他の動物に生まれ変わることもあり得ます。もし過去世に私が犬であったとしたら、その時の犬の子孫が現在も生きていることになります。もし私が馬や牛であったなら、その馬や牛の子孫が現在も続いていることも考えられます。そうすると私という生命は、人間だけではなく、他の動物ともつながっていると言えるわけです。こうして生命は一体であると言えるのです。

 このように考えると、世界中が自分と血がつながっているということになります。仮に人間の生まれ変わりを考えなくても、32代前の先祖が約86億人、33代前の先祖は約172億人となるので、全生命が含まれていることになります。つまり、全生命が自分の先祖だということになります。
あなたは自分の子孫の住む国に爆弾を落とせますか? 普通はできないでしょう。

 この『わが生命の真のあり方』こそ平和の母体であり、世界が一つになる思想です。  このように、自分のまわり全てが自分の父母であり、自分の子孫だと考え、お互いにお互いを礼拝、尊重していくことを仏説による父母孝養・師長恭敬といいます。21世紀はこの地球を一つにする思想が必要です。  21世紀はこの仏説による父母孝養・師長恭敬が地球の標準思想になることは間違いないと私は思います。

 以上のような思想が根元となって、地球生命の一体化…真の恒久平和が生まれます。  詳しくは恩師紹介のページから、『あなたへのお手紙(わが生命のまことのありかた)』をダウンロード右クリックメニューから、「対象をファイルに保存」を選んでください。)してご覧ください。なお、上の絵図の原形は、恩師の常不軽台学先生が天授開顕されました。
ページトップ
恩師紹介のページ目次のページ懴悔滅罪の大法のページ